忍者ブログ
Admin / Write / Res
<< 02  2017/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    04 >>

リヤ編

リヤはちょっと削る部分が多いいですが頑張ってください

まずはリヤハブのサスピンの位置を上側にして
フロント同様、車軸を下げてください

これまたフロント同様にアッパアームの位置を
内側に移動してください

ba79e78d.jpg













ここから削りが始まります
写真の4箇所
リヤサスアームとリヤハブの先端部分を斜めに削ります

02e4aff4.jpg











ホイールハブ、ホイールスペーサーはフロント同様
5ミリハブにホイールスペーサー2ミリ以上で大丈夫だと思います


装着はこれで完成です
写真はタミヤ60Dサイズのゴムタイヤがついていますが
各社ミニ用のドリフトタイヤを使用する場合はタイヤ経が小さくなるため
車高、ギヤ比の見直しが必要だと思います

89e1bf8e.jpg







是非トライしてみてください
カッコよくできましたらご連絡ください ギャラリーで公開したいと思います

※注意
強度などのを著しく損なうこともありますので改造は自己責任にてお願いいたします

拍手[2回]

PR
ここではリクエストいただいた
ドリフトパッケージにサージングMシリーズホイールの装着方法をご紹介します


Mシリーズホイールを普通にドリフトパッケージに当ててみると
サスアームに干渉したりアッパーアームのロッドエンドが邪魔したりと
いろいろ不具合があり大変です
サスアームなどをゴッソリ削れば装着できないことはないのですが
強度などの問題があるので削る部分は最小限で出来る方法をご紹介します

用意するもの
 ・よく削れる棒ヤスリ
 ・2mmのホイールスペーサー(ボディ幅によってはもっと必要)
 ・セレートホイールナット
 ・36mm~33mmターンバックル(アッパーアーム用)


フロント編

写真のようにフロントナックルの上にスペーサーがくるようにします
車軸を下げた状態で干渉物(サスアーム)を車軸に近づけ
ホイール内側に入りやすくします
ちなみにホイールハブは5ミリ幅です

4c96fcf9.jpg









なんとこれだけでフロントは90%完成です
サージングのMシリーズホイールはオフセットが+3ミリとなっています
しかしそのままだとハンドルを切ったときに干渉する部分が多いので
ホイールスペーサーが最低2ミリ必要になってきます

ホイールが外に出るためにナイロンナットだとホイールが緩んだりすることがあるため
セレートナットにしたほうが良いと思います

35c96144.jpg









後はサスアームの外側写真の2箇所が少し干渉するので斜めに削ってください

088615d0.jpg









ホイールがまっすぐの状態だと干渉する部分はもうないと思うのですが
ハンドルを切ったときにアッパーアームのロッドエンドが干渉してしまいます
ここはハブキャリアの内側の穴にボールを移動しアッパーアームを短くするか
キングピンボールを使用してアッパーアームをキングピンの位置からとるか
してください

フロントは以上で完成です


※注意
強度などのを著しく損なうこともありますので改造は自己責任にてお願いいたします








拍手[2回]

つぶやき
ブログ内検索
カウンター
MAIL
多忙のためTELに出ることができないことがあります。 通販、業販に付きましてはも お問い合わせはメールにてお願い致します
フォローお願いします
SURGING1をフォローしましょう

Copyright (c)SURGING All Rights Reserved.
Photo material by Kun  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]